万能使いの三徳牛刀(三徳包丁)


三徳牛刀_三徳包丁

三徳包丁とも云われ、家庭用包丁の主流、エントリーナイフで一般的に万能包丁、文化包丁などと云われています。
三徳牛刀の「三徳」とは、野菜、魚、肉の事で野菜を切る事を主体に造っておりますが、魚や肉も切る事が出来ますので万能包丁とも云われています。菜切り包丁と牛刀を併せた様な型で両刃の刃付けで造っております。硬い骨や冷凍食品以外なら何でもこなせる機能性が追求されていて殆どの料理に対応できます。素材を活かして速く、美しく均一に切る事を目的として造っております。

三徳牛刀の「牛刀」(洋庖丁)のルーツは、牛肉が西洋料理を象徴するものとして名付けられています。明治時代以降、日本人に西洋料理が伝わり肉を切り分ける必要性が出て来た事に始まります。
私共の三徳牛刀は、刃先以外をステンレスでカバーし、切れ味と使い勝手の良さを併せ持たせ、また和包丁に蓄積されたノウハウが生かされております。