肉に付いた堅い筋を引き、削ぐのに適している筋引きの牛刀

 懐石料理のような繊細で見た目の美しさを追求する為に造られた和庖丁の機能とは異なり、洋庖丁は、いかに素材を早く、均一に調理を済ませるかと云う課題のもと、機能性や合理性を極めたフォルムを考えております。
洋庖丁は和庖丁に比べて種類が少なく、形は牛刀に代表されます。肉の繊維や脂肪を断つのにも最適です。

 洋庖丁では、鉄板コーナーやステーキハウス等でよく見かけるスチール製の研ぎ棒が付きものですが、これで研ぐと一瞬よく切れるような感触になりますが持続しません。これは庖丁に粗い鋸刃(のこぎりの様な粗い刃)がついた為で、研ぎ続けていると刃が丸みを帯びてきます。あくまでも一時しのぎである事を知っておく必要があります。
和庖丁と同様、砥石できちんと研いで刃を付ける事で、長切れして、庖丁も長持ちします。

 丸ごと鋼で完全鍛造による頑丈な品質と、少し長めで造り重量のバランス感がある一体構造に拘っております。