「料理包丁の切れ味」

は、刃先の硬さや角度、カタチ(形状)と密接な関係にあります。

刃先が硬いほど切れ味良く切れますますが、多少の粘りも求められます。

刃先の角度が狭ければ狭いほど少ない力で切ることができ、柳刃刺身包丁などは長く細く、また薄く造られていますので、身の柔らかい刺身でも一度で引くことが出来ます。

片刃の野菜包丁、薄刃包丁も刃が薄く鋭角ですので、細胞が傷みやすい野菜を優しく切るのに適しています。

カタチ、形状は用途に合わせて造られていますので、それを守って使えば食材を怖がらすことなく、巧く(上手く・旨く・美味く)使うことが出来ます。

和の包丁を使われる方は、これらの特質を理解し切れ味をお愉しみ下さい。