よそう。

と云う言葉がありますが、京都弁ですかね?!

「味噌汁をお椀によそって」とか「ご飯をお茶碗によそって」の「よそう」は「装う」から来ていて準備する、支度することから来ていますね。

身なりを着飾る意になり、飲食物を整えたり用意することから器に入れる意味に広がったそうです。

「ご馳走」も、元は走り回ること。準備に走り回り客をもてなすことから美味しい食物の意の味に。

よそって頂いたごっつぉを頂けたら、そら旨いはず。