寸 法 265×90×105mm
箱材質 桐箱
台材質 白樫
台寸法 240×70×28mm
刃材質 青1、水焼
刃寸法 巾55mm

 

料理屋さん蕎麦屋さんに始まり、削りたての鰹節を求められる本物志向の方々の間で使われているのが、かつを箱です。

いくら高価な鰹節を持っていても、それを削る為の刃、それを支えるカンナ台がしっかりしていて正しい研ぎと調整が整っていなければ、どうにもなりません。頑丈な鋼材を使用しても最終調整があって初めて完璧なものとなります。

かつを箱で削られる単調な音色には、格別の香りと共に旨味がしっかり生きています。

世界で一番硬い発酵食品、鰹節を難なく、薄く、香り良く、また品の高い削り節を愉しんで下さい。

 

かつを箱