今日は鏡開き。
お正月に供えた鏡餅を食し、円満を願う行事。昔は餅切り庖丁で切らず、槌などで割って食したそうです。
よって鏡割りとも云います。鏡切りと云わず鏡開きと表現するのは、「切る」は切腹を連想される事もあり、「開く」と云う縁起の佳い言葉を使います。
古から刃モノは幸運を切り開くと云われてきました。その事で近年、ご結婚お祝い等の、お目出度い進物に庖丁を送られる事が多くなりました。