日本の庖丁の種類や展開、そして地域性等は日本以外の地域では見ることは出来ません。
これはやはり食材が豊富で在ること、それに伴い調理法も多いこと、そして何より繊細で美しい演出が求められることが日本の食文化の特色で、日本の庖丁の種類の多さ、多様化していることから日本食の豊かさが現れています。
和庖丁自体が日本文化のヒトツ!今朝は和文化プロジェクトのミーティングです。