特殊庖丁が京寿司を支えています。
京都の夏を代表する食材の一つ、ハモの身を骨切庖丁で骨切りして焼き、焼身のばし(焼身出刃庖丁)で、のばして箱寿司にしたのがハモの箱寿司。
ハモの柔らかな身と焼いた風味を味わえる、京の夏の代名詞ハモを気軽に愉しめる一品。
この時期になると、なぜか旨い箱寿司を食べたくなります。