庖丁コーディネータ 廣瀬 康二 庖丁の選び方から庖丁の守り(手入れ)、研ぎ方まで庖丁に関する事は、お任せ下さい。
庖丁コーディネータ 廣瀬康二の一筆啓上
  • HOME »
  • 庖丁コーディネータ 廣瀬康二の一筆啓上 »
  • お知らせ

お知らせ

和の心

精神を重んじる世界、芸術でも仕事でも、一つの事を極めようとする時、日本人は「道」と云う概念を持ちますね。 これは日本人の特有でしょうか、そこには和の心が宿っていると思います。 「道」とは、完成はない遠さ、とでも云うのでし …

食育問題

食育は、子供達にも食文化を伝えていく事ですが、それには親も意識しなければいけません。 しかし、今の親世代は働くことで精いっぱいで、子供達に手取り足取りしつけや教育をする余裕がありません。昔、三世代同居が多かった時代には、 …

丹波栗

秋は「栗」の季節。昨日はオイシイ栗を食しました。 京都丹波の気候風土は、栗の生育に適していて、昔から改良が重ねられ育まれてきたと云われています。 そんな「丹波栗」は、粒が大きく果肉が締まり、味が濃く甘味が優れているのが特 …

真剣

先日、ある御縁でサムライ体験をしてきました。 袴姿で初体験、真剣を真剣に振りました。此処でも切り口が問われました。 武士の魂が刀ならば、庖丁は料理人の魂です。今も活きるプロの世界では「道具調べ」が在ります。 大工さんが良 …

お醤油

お造里やお豆腐に付けたり、煮物や焼き物にも大活躍で日々の食卓に欠かせない調味料「お醤油」 以前に、お醤油のワークショップに参加させて頂いて衝撃的だった事ですが、アイスクリームにもお醤油が合うと云うこと! お醤油は何にでも …

研ぎ一生

大工さんの言の葉 『穴彫り3年、鋸5年、墨付け8年、研ぎ一生』 こんな言葉が在るように、『研ぐ』と云う事は、それ程までに奥が深い。 料理人さんも同様です。 私も一生研ぎ続けます、自身と共に。

素材

金属、 木、 竹、 土、 革、 布、 漆、 硝子、 様々な素材を、様々な職人が、様々な手仕事をする。 「ソ ザ イ」 って、愉しい。

日本人らしい~

「秋茄子は嫁に食わすな」 これ、旨い美味な秋の茄子は、嫁なんぞに与えるな!とか、身体が冷えるので食べない方が良い。とか理解する諺でしょう。 秋茄子を秋サバに変えた諺もありますね! 「秋鯖は嫁に食わすな」 一つの諺が別な表 …

切れ味よく!

食欲の秋ですね。 秋はサバやサンマなどの青魚が美味しくなる季節。 下ごしらえや後始末が面倒で切り身を利用しがちですが、 時には一匹丸ごとの調理に挑戦してみてはいかがですか!? 皆さん、本日も切れ味イイ仕事を!

お互いにプロ

情報が散乱する現在、売り手がプロなら買い手もプロ。 腕利きのヒトがモノを造って売る。目の肥えたヒトが品定めして買う。 必然的な流れですが、ヨソさんにはない良いモノを、適正な価格で提供するコトが商いの原点。 今日も、今週も …

« 1 2 3 4 67 »

代表者プロフィール

廣瀬 康二(ひろせ こうじ)
庖丁コーディネータ・庖丁調整士
廣瀬 康二の詳細はこちら

庖丁コーディネータ 廣瀬康二の一筆啓上メールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

庖丁研ぎ調整(更生修理)

庖丁研ぎ調整(更生修理)

和庖丁の製造工程

和庖丁の製造工程

庖丁コーディネータは

庖丁コーディネータは

ショップ情報

食道具 竹上

〒629-0101
京都府南丹市八木町船枝半入58-2
TEL 0771-20-1604
E-Mail hirose@kyototakegami.com

→詳細はこちら


交通案内

→アクセス地図はこちら

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 食道具 竹上 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.