庖丁コーディネータ 廣瀬 康二 庖丁の選び方から庖丁の守り(お手入れ)研ぎ方まで庖丁に関する事は、お任せ下さいませ。
庖丁コーディネータ 廣瀬康二の一筆啓上
  • HOME »
  • 庖丁コーディネータ 廣瀬康二の一筆啓上 »
  • お知らせ

お知らせ

夏越の祓

今年も早いもんで、今日で半年が過ぎました。 夏越の祓えで残り半年の無病息災をお祈りすると明日から7月。 京の夏の風物詩でもあります祇園祭の吉符入りです。 日頃の何気ない行事で心の平安を戴いております。 有り難う御座います …

肉の日

本日29日て、ニクの日?! お肉はコレステロールが高く、健康にあまり良くないと思われている方や、歳をとったら粗食が良いと思われている方! お肉から得られるタンパク質も重要で、免疫力づくりや栄養の傾きにならない為にも、たま …

みませんか?!

研いでみま専科! 家庭でいつまでも美味しい「食」を愉しめるように、道具を見直してみては? 「食」と庖丁は密接な関係にあります。 たまには時間を見つけて、ご家庭の庖丁を研いでみま専科! 研ぎ方と砥石の事は、お任せあれ~

日本産?

和の食材だから日本産と云うわけではありません。 古からの身近な食材、豆腐や味噌、納豆などの原材料となる大豆も、今、輸入に頼っている現状。 海外に依存する我々の食卓のリスクを少なくする為にも、日本に在る食材を見直したい。 …

ヨロコビ

壊れたら修理せずに捨て、新たに買えてネット販売や百均などで手軽に生活用品が入手できる時代ですが、一点ずつ心を込められたモノを大切に使うことの喜びや、守り(もり)する愉しさを伝えていくことが我々の役目なんだな。 モノを大事 …

文化庁発信

文化庁の小冊子を読んでいますと、片刃の和庖丁の挿し絵が登場。 文化庁の関係者様と共に伝えていく事が我が使命。 日本の食文化から生まれた刃で、素材に吸い付く鋭い切れ味、身離れが良く、切り口断面が美しい日本料理の味わいを実現 …

心を込めて!

日々同じ手仕事をし、場数ふんで腕は上達します。 しかし、慣れきってしまう事はとても怖い事。 たまに忘れる時があります「心を込めて」 一番大切な事!作業やなく、仕事を。 それぞれの職人さんに云える事です。

お!

人間の暮らしの中に根を張る、『お』野菜。 昔から人々の野菜に対する思い入れは深長で、「滋養に対する感謝」の気持ちから『お』が付くのでしょうね。 野菜は食生活の要!それを活かす道具、菜刀(菜切庖丁)は、その昔は家庭の必須道 …

文化財

昨日は文化庁長官と料亭若主人の対談を訊きに行きました。 文化庁京都移転決定から1年と云うことで、始めに掲げられたことが食文化としての和食でした。 様々な地域性のある食の話や、食の文化財である和庖丁の話題も出て来てました。 …

食の道具

料理屋はんの、おやっさんと話してましたら、 料理屋の店づくりでこだわるところは、 庖丁やと、いや砥石やと、いやまた俎板やとか、、、 いずれにしても道具は、食の料理の隣人。 昔は魚をさばく為に使われたマナ板。 「マナ」は「 …

« 1 2 3 4 94 »

代表者プロフィール

廣瀬 康二(ひろせ こうじ)
庖丁コーディネータ・庖丁調整士
廣瀬 康二の詳細はこちら

庖丁コーディネータ 廣瀬康二の一筆啓上メールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

庖丁研ぎ調整(更生修理)

庖丁研ぎ調整(更生修理)

和庖丁の製造工程

和庖丁の製造工程

庖丁コーディネータは

庖丁コーディネータは

ショップ情報

食道具 竹上

〒629-0101
京都府南丹市八木町船枝半入58-2
TEL 0771-20-1604
E-Mail hirose@kyototakegami.com

→詳細はこちら


交通案内

→アクセス地図はこちら

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 食道具 竹上 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.