モノコト講座

モノコト講座

2019-05-16T15:06:13+00:00 19年5月16日|庖丁コーディネーターの一筆|

昨日は滋賀県の料理屋さんにて食道具・庖丁のモノコト講座をさせて頂きました。

日本料理の庖丁は引く食材によって微妙に対応し、こと細かく変えられています。その理由を外して、日本料理は成り立ちません。料理と道具の間には、論理が存在します。
その理屈に沿って、改めて庖丁を動かすと、不思議と上手く(旨く)いくもの(モノ)です。
端正な庖丁の重要性と共に、研ぎ方実演を交えて実施しました。
料理屋の大将と受講して頂いた皆さま、ご清聴有り難う御座いました。

佳き御縁に感謝申し上げます。

ONLINE STORE