ブログ

2019.05.29本刃付け

庖丁の本刃付けも、
板前割烹のスタイルも、
お客さんの目の前で造ることで真実になる。
家庭料理のコンセプトも本来、出来たての喜びを供することです。
目の前でお造りすることで、真心がこもった真実になる。
これは料理だけではなく、目の前で手仕上げする事はごまかしが利かないので本物となる。
この意味合いを、少しづつお伝えして皆様に理解して頂いてます。

BACK TO TOP