ブログ

2019.11.2技を披露

その昔は庖丁屋さんの技術は外に見せないものでしたが、今は日本全体で技をどう伝承するかが課題。 先ずは庖丁を研ぐ面白さを知って貰いたいし、庖丁の切れ味、切り口が料理の仕上がりに反映する事を感じて貰いたいので、発信し続けます。

BACK TO TOP