ブログ一覧

/ブログ一覧
ブログ一覧 2018-11-12T19:10:36+00:00

コト消費

以前は技術を他に「見せない、教えない、云わない」でしたが、本当の技術は目で見て盗めるものではないので、今は様々な業界でワークショップ形式で体験して貰うことが増えています。 自分の手で触れ、手間が掛かり大変さを実感すると、今後は大事に扱うようになるから佳い事だと思います。 本当の技術とは、もっとモット

19年2月19日|庖丁コーディネーターの一筆|

お伝えします!

私共は、いいお客様を育んでいくことが大事だと思っております。 それはたくさんの庖丁をお買い上げ頂くことではなく、大事に使って頂ける方です。 専門店は、ただ販売するだけでなく、庖丁の守り(もり)や研ぎ方やそのモノへの向き合い方などを伝えることも、売る側の責任だと考えているからです。 これからもそんな想

19年2月17日|庖丁コーディネーターの一筆|

当たり前のこと

内では大企業や他所さんがやらない、ちょっと手間が掛かる事をいつもしています。それは昔からの当たり前の事なので、伝統文化製品は皆さんそうされているんだと想います。 しかし造るだけで終わるのではなく、食道具・庖丁の本来の在り方や良さ、向き合い方などを常に発信し続けています。 これからの日本には大切な事で

19年2月16日|庖丁コーディネーターの一筆|

ホールフードスクールにて

先般、2月2日(土)ホールフードの日に東京校ホールフードスクールにて入門庖丁講座を開催させて頂きました。 ホールフードは、食物を無駄なく活かして頂く一物全体食です。食材を痛めつけるのではなく、活かして頂くと食材の生命を大切にすることに繋がり、生産者さんをも大事に思うことに繋がります。 ここでもやっぱ

19年2月15日|庖丁コーディネーターの一筆|

道具調べ

職人は料理人に限らず道具を大事にします。洋食のシェフや中華料理の職人さんもプロの方は道具や庖丁を大切にします。武士の魂が刀とすれば、庖丁は料理人の魂です。 今も生きるプロの世界では「道具調べ」が在ります。 大工さんが良い例ですが、持っている道具を見れば、その職人さんがどのくらいの仕事が出来るかが判る

18年12月15日|庖丁コーディネーターの一筆|

庖丁選び

あなたの家では、どんな庖丁をお使いですか?近所で買ったもの、注文して取り寄せたもの、、、毎日使うものなのにあまり心寄せられない道具の筆頭とも云えるのではないでしょうか?端正な庖丁を選んで使えば、お料理の腕は今までより格段に上がります。   始めて納得した庖丁を買う時は、何を買えば良いのです

18年11月23日|庖丁コーディネーターの一筆|

ONLINE STORE