ブログ

2019.04.19使い捨てじゃない!

ある方のお声「庖丁は100円や1000円位で売っているので、切れなくなったら買い替える」と。
そんな事を訊きましたので、世直しの為に告げます。

これまでも、これからも、
キッチンで家族の食を支えながら、共に過ごしていく庖丁。家族がいつまでも健やかに、シアワセでありますように。
そんな願いを秘めています。
庖丁は使い捨てじゃないですよ!一生もののパートナーです。

2019.04.16伝統的なカタチ

前に親交のある研究家さんが書いておられた事を思い出す。

京都は様々な分野で伝統を支えておられるんやなぁと。
我々も同様で、
昨今、外国人に和庖丁がブームのようです。
受け入れられるように基本を崩すのではなく、伝統的なカタチを分かりやすく伝えていくのが、我々専門家の役目。
和の食道具との向き合い方も説いていきたいです。

2019.04.13道具調べ

昨日の名古屋での庖丁講座、午前の部も午後の部も大盛況で終えることが出来ました。
関係者の方々、受講頂いた方々、お疲れ様で有り難う御座いました。佳き御縁に感謝です。

昨日は殆どが主婦の方々が多かったですが、
プロの板場さんの調理場に出向く時は、
道具(庖丁)を見たら腕が判ると云います!笑
ええ仕事をする職人は常に道具をきちっと守り(もり)してるもんですよと、庖丁の在り方をお伝えしています。これはどんな業種でも云えることです。

2019.04.3心の修理

庖丁の更生修理をさせて頂いていると、修理と云う仕事は単にそのモノを直すだけでは駄目なのだと云うことが解ります。
お客様は大丈夫なのかと不安がいっぱいですので、原因や処置をしっかり説明する。
はい、直りました。だけでは納得されません。
私共では、お客様のココロの修理も忘れません。

2019.04.2竹の子

タケノコが店頭に並ぶと、春の訪れを感じます。
京都は云わずと知れた竹の子産地。この春は、地元の味、京たけのこをもっと理解して、美味しく味わいたいです。
先般、筍農家さんと情報交換していて、いろいろ思う事ありました。いよいよ竹の旬、筍を!

今朝は先ず打ち合わせ、TAKE to 竹 から始まります。

BACK TO TOP