ブログ

2021.01.18合掌

昨日、阪神淡路大震災から26年でしたね。お悔やみ申し上げます。

当時、修行時代でした。あの映像見て、その気持ちをどんなふうにすれば良いか分からなかったように思い出します。今から思うと未熟で、普段でも『俺がオレが!』といきがっていた感がありました。

齢を重ね、同じ時代に一緒に生きて居る世の人を素直に感謝出来るようになりました。今、こんなご時世ですが、皆んな輝きを求めて同じ時を生きている仲間です。今に感謝しかない思いです。

自身に与えられた責務、使命を全うしなければ。合掌。

2021.01.16時は金なり

50も齢を重ねると、最近自分に与えられた時間の大切さやその短さを感じます。

今まで育んで来た時間
これから創っていく時間
時間を懸けてじっくり創られたヒトもモノもコトにも深さが在ります。京都の人や流れ、京もんを観てると感じます。
貴重な時間、時は金なり、大事に生きなバチ当たりますな。
人間も京都品質になるよう精進します。

2021.01.11鏡開き

今日は成人の日でもあり、鏡開きの日です。一家の円満を願う行事。子供の頃、餅切り庖丁で切らず、カチカチになったお餅を槌などで割って食した時もあったなぁと思い出します。鏡割りとも云いますが、鏡切りと云わず鏡開きと表現するのは「切る」は切腹を連想される事もあり、「開く」と云う縁起の佳い言葉を使います。古から、刃モノは幸運を切り開くと云われてきました。その事で近年、ご結婚お祝い等の、お目出度いご進物に庖丁を送られる事が多くなりました。

2021.01.07無病息災

新年あけましておめでとうございます。本年もどうか、宜しく御願い申し上げます。

お正月、日本の世の中を観ていると、皆が和式和食に倣いリセットされている様で、改めて日本人に生まれて来て良かったと思いました。
本年丑年も変わらず和の神聖な食道具・庖丁と向き合いながら、高めていきたいと想う新年七日目、七草粥の日。

時代が変わっても先人の知恵は変わらない。無病息災を願い新年は4日月曜日から営業させて戴いております。

お気軽にお立ち寄り下さいませ。

BACK TO TOP